徳川幕府領の形成と展開 - 和泉清司

和泉清司 徳川幕府領の形成と展開

Add: baweve78 - Date: 2020-12-12 23:01:45 - Views: 5286 - Clicks: 3613

地方支配と流域開発 江戸幕府の治水政策と利根川流域 大谷貞夫著. 徳川幕府における武家官僚制の成立と展開 / 佐藤匠 著 : 部分标题: 制札からみる戦国時代上野国の支配 / 佐藤雄太 著: 部分标题: 松前・蝦夷地における長崎貿易向け昆布の集荷 / 菅原慶郎 著: 部分标题: 譜代大名における飛地の形成と支配 / 堤克政 著: 部分标题. 10 内乱を勝ち抜いた武人政権が、統治の権力主体として発展してゆく諸相を活写する 塙書. 4つの文明や帝国が台頭、王が城の建設や勝利を賭けて激戦を展開する中世ヨーロッパを舞台としたストラテジーmmo なので、鉄の玉座、宝飾品に満ちあふれた王国を、名誉を尊重しながら統治する真の戦国王のみが栄光と勝利をつかみます. 江戸幕府老中制形成過程の研究: 藤井 譲治: 平2: 12,000円: 15337: 徳川幕府県治要略 復刻: 安藤 博編: 昭46: 5,000円: 15338: 徳川幕府の米価調節 復刻: 本庄栄治郎: 昭41: 15,000円: 15339: 江戸幕府撰国絵図の研究: 川村 博忠: 昭59: 18,000円: 15340: 徳川幕府成立過程の基礎的.

5/416 江戸社会史の研究 / 竹内誠著,弘 文堂, 市・1f 多・2f 219. こうして形成された大名は、江戸時代に入って近世大名となり、大名領を完成、幕府を頂点とする幕藩体制を完成した。江戸時代の大名は、1万石以上の領主(藩主)をいい、将軍に対して直接奉公の義務をもつ者をさした。一般に大名という場合は、この. 『近世・近代における歴史的諸相』(和泉清司) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は、創英社/三省堂書店から. 武蔵における譜代藩の形成 根岸茂夫著. 徳川家康の関東入国と江戸幕府: 283: 徳川家康とその子孫 江戸幕府の職制 : 二: 両総地方の諸大名: 286: 知行割 両総への大名配置: 三: 農民統制: 289: 五人組制度 宗門改制度 慶安の御触書: 第二節: 佐倉藩の成立と展開 《根岸茂夫》 292: 一: 佐倉藩の成立: 292: 佐倉周辺の城 新領主の入封 武田信吉. 10 公儀御領をめぐる代官たちの活動の様子を明らかにし、その経営実態を平易に解説する 同成社初期鎌倉政権の政治史 木村茂光 A5 ,700. 【 落合代官所跡 】 評価 ★★ 別 名: 所 在 地: 藤岡市上落合岡360-1 築城年代: 築 城 者: 江戸幕府 区 分: 代官所 現 状: 宅 地 『上野国郡村誌』によれば、慶長11年(1606)から元禄11年(1698)の間は緑野郡高山領は天領であり、伊奈忠次が支配した武蔵国秩父郡の大宮陣屋で支配され. 近世大名領の研究 信州松本藩を中心として 金井圓 名著出版: 2,500 円.

上原里美 「群馬県(上野国)における麺文化の探求」 江崎哲史 「「散兵警察」方式の展開と地方税警察費支出についての考察―石川県の事例を中心に―」 倉品 操 「近世における�. 相模国寺社領の成立 神崎彰利著. 和泉清司 編著. Tweet; 読みたいリスト. 東京都生まれ。1967年東京学芸大学教育学部卒業。 1977年明治大学大学院文学研究科史学専攻博士課程満期退学 。 1995年「徳川幕府成立過程の研究」で明大博士(史学)。 弘前大学助教授、旭川大学女子短期大学部. 徳川幕府における武家官僚制の成立と展開 / 佐渡奉行就任者の分析を通して トクガワ バクフ ニ オケル ブケ カンリョウセイ ノ セイリツ ト テンカイ: 佐藤 匠/著: サトウ タクミ: 123-143: 制札からみる戦国時代上野国の支配 / 武田氏・後北条氏を中心に. 和泉清司 「大久保長安「処断」の再評価とその一族」 上原里美 「群馬県(上野国)における麺文化の探求」. 徳川幕府における武家官僚制の成立と展開―佐渡奉行就任者の分析を通して 制札からみる戦国時代上野国の支配―武田氏・後北条氏を中心に 松前・蝦夷地における長崎貿易向け昆布の集荷―一八世紀後半を中心に 譜代大名における飛地の形成と支配―高崎藩の領内統治と飛地領民の対応 石原.

「和泉清司著『徳川幕府成立過程の基礎的研究』」(書評) 『日本歴史』610 1999年3月 「『金沢市史』資料編13(寺社)」(紹介) 『古文書研究』44・45合併号 1997年3月 「『伊勢崎市史』通史編2・近世」(書評) 『上毛新聞』1994年1月. jp2) 二 幕藩制の成立と上野支配 /. 和泉清司著『近世前期郷村高と領主の基礎的研究』 評者:宮原一郎.

近世幕府領支配と地域社会構造 : 備中国倉敷代官役所管下幕府領の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 山本太郎著 言語: 日本語 出版情報: 大阪 : 清文堂出版,. 3 形態: 463, 5p : 挿図, 地図 ; 22cm ISBN:著者名: 和泉, 清司(1944-) 書誌ID: BB注記: 和泉清司略歴・業績目録: 巻末p1-5. 第二章 幕府直轄領の成立と旗本領の推移/321.

和泉 清司(いずみ せいじ、1944年 - )は、日本史学者、高崎経済大学名誉教授。. 徳川幕府領の形成と展開 - 和泉清司 ^ 東京書籍、帝国書院など ^ 函館市史 通説編2 第2巻 第4編 箱館から近代都市函館へ 序章 世界の中の箱館開港 第2節 箱館奉行の再置と箱館 1 箱館奉行の「預所」と諸任務 6藩分領と奉行「御預所」. 近世初期旗本領形成に関する一考察-武蔵国を事例として 小暮正利著. 序章 徳川幕府領の形成と展開第1章 奥羽筋・蝦夷地の幕府領第2章 関東筋の幕府領第3章 海道筋の幕府領第4章. 131888 近世近代の地域と権力 大阪大学文学部日本史研究室編 清文堂: 6,000 円. 徳川幕府の対外政策(鎖 国)と 現代の国境問題に占める意義 兼 光 秀 郎 (上智大学名誉教授) 〈はじめに〉 徳川幕府(1603~1867)は,国 内における自 己の政権維持のために,対外政策として強力な 鎖国政策をとった。キリスト教の禁止がその主. 」とある。『徳川幕府事典』(竹内誠編 東京堂出版 年)の第5章「幕府の財政」に「幕領の展開」「直轄都市の分布」の項がある。参考文献の掲載はあるが. 近世・近代における地域社会の展開 フォーマット: 図書 責任表示: 和泉清司編 出版情報: 東京 : 岩田書院,.

徳川幕府における武家官僚制の成立と展開-佐渡奉行就任者の分析を通して 制札からみる戦国時代上野国の支配-武田氏・後北条氏を中心に 松前・蝦夷地における長崎貿易向け昆布の集荷-一八世紀後半を中心に 譜代大名における飛地の形成と支配-高崎藩. ^ 和泉清司, 『徳川幕府領の形成と展開』, 同成社, 年. 徳川幕府と中国法. 第二章 徳川幕府成立段階の旗本領形成と所領配置 第三章 正保・慶安段階における大名・旗本等の所領配置 第四章 東北・関東地方の所領分布と領主 第五章 中部地方(甲信越・東海地方)の所領分布と領主 第六章 近畿地方. 和泉清司/著.

はじめ福井藩領、貞享3年(1686)幕府領となった後、元禄5年(1692)から美濃郡上藩領になりました。 明治14年(1881)福井県に所属、はじめ上穴馬村、昭和31年(1956)から和泉村の大字になりました。 昭和39年(1964)から始まった九頭竜川電源開発事業で和泉村長野に九頭竜ダムが建設され、昭和41年(1966. 132683 藩法集 5 諸藩 藩法研究会編 創文社: 3,000 円. 大久保長安「処断」の再評価とその一族 和泉清司 著 群馬県〈上野国〉における麺文化の探求 上原里美 著 「散兵警察」方式の展開と地方税警察費支出についての考察 江﨑哲史 著 近世における武家礼法の研究 倉品操 著 廃藩置県以降における地方行政区画としての府県区域の成立過程 齊藤忠�. 徳川幕府領の形成と展開 和泉清司 四六 ,300. 和泉清司 岩田書院 : 5,000.

徳川氏における体制的石高制の成立過程 和泉清司著. jp2) 第一節 前橋藩政の展開. jp2) 三 藩政の動揺と幕末の上野 /. ② 江戸幕府の成立 1603(慶長8)年、全国の大名を指揮する正当性を得るため家康は征夷大将軍に就任し、江戸幕府を開きました。征夷大将軍に就任するためには源氏でなければならない、というジンクスがあったため、家康は源氏に属する新田氏の子孫であると称し、兼ねてから準備をしていたの. jp2) 四 明治維新と上野国 /.

徳川幕府領の形成と展開 / 和泉清 司著,同成社, 市・1f 多・b1f 215/do/28 210. 10,1-27 The Introduction of Tokugawa Land Survey in Early Edo Period. 研究者「高橋 伸拓」の詳細情報です。j-global 徳川幕府領の形成と展開 - 和泉清司 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。. 3/ta 国内で出版されている図書を探す db bookplus 昭和元年から現在までに出版された約400 万件の本の情報.

幕府領陣屋元村の掛屋と陣屋・地域社会―備中国窪屋郡倉敷村を事例として: 近代部会報告 川内淳史: 戦後「国民皆保険」の形成と地方自治―三重県伊賀地域を事例に: 奥村 弘: コメント―明治地方自治制における「生存権」と地域社会の位置づけについて. 17 徳川初期検地序説. 徳川家康の関東入国と江戸幕府 : 283 : 徳川家康とその子孫 江戸幕府の職制 : 二: 両総地方の諸大名 : 286 : 知行割 両総への大名配置 : 三: 農民統制 : 289 : 五人組制度 宗門改制度 慶安の御触書 : 第二節: 佐倉藩の成立と展開 《根岸茂夫》 292: 一: 佐倉藩の成立 : 292. 131874 新田村落の史的展開と土地問題 嘉多村俊夫. 大河ドラマ「高虎」を実現し、三重県を元気にしよう! 研究テーマ 日本近世国家成立史の研究 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康研究 藤堂高虎・藤堂藩研究 城郭・城下町の復原的研究.

徳川幕府成立過程の基礎的研究 /和泉清司(著者) afb. 和泉 清司 / 関東入国時における徳川氏の領国形成(関東近世史研究15) / 1984 市村 高男 / 豊臣大名の歴史的位置-結城秀康を中心として-(地方史研究33-1) / 1983 伊東 宗裕 / 「板倉二十一ヵ条」について(紀要・京都歴史資料館1) / 1984. jp2) 第一章 上野諸藩の成立と藩政の展開 /. 2 徳川氏における体制的石高制の成立過程 和泉/清司∥著 3 相模国寺社領の成立 神崎/彰利∥著 4 武蔵における譜代藩の形成. ぐるぐる王国2号館 ヤフー店の徳川幕府領の形成と展開:ならYahoo! 徳川幕府は全国の主要鉱山を確保し、貨幣鋳造権を独占する。幕府の財政基盤を安定させるとともに幕府による全国的な経済の掌握を可能にした。大久保長安が、これに果たした役割は大きい。 第三に検地がある。武蔵多摩、秩父地方、甲斐等で検地を行っている。検地の意義は、上記の通り.

19年兄の死後その隠居領も合わせ領し,寛永11(1634)年幕府より加賀,能登,越中3カ国で119万2760石の領知判物を受ける。徳川幕府との緊張関係が残っていた時代で,幕府より少しでも謀反の疑いをかけられないよう隠忍を保ち,寛永8年幕府が金沢藩の軍事力強化の疑いを持ったとき,自ら江戸へ出向き. 二 近世を通じて広範に展開された駕籠訴・駈込訴は、その「訴訟」内容も極めて多様であり、私人の民事的紛争に関するもの、村役人の不正に関するもの、村と村との紛争に関するもの、幕府・藩・知行所役人の職務に関するもの、年貢・諸負担の軽減・免除に関するもの、開墾・潅漑等各種�. 関東譜代大名の藩領形成と展開: 堤 克政 : 個別藩ごと、大名の交代ごとに、城付領と飛地の展開過程を詳細に分析。 近世後期における主要街道の飛脚取次所: 巻島 隆 ―定飛脚問屋「京屋」のネットワーク― 箱館奉行所の形成過程 ―奉行所の機能と吏員任用の論理― 佐藤 匠 : 安政年間、奉行所. また天領ともいう、これは明治維新後に明治政府の直轄領を天朝領としたことから、のちに江戸幕府の直轄地を指していうようになった. 関東郡代伊奈氏 本間清利著. 領形成に関する一考察 小暮/正利∥著.

5 形態: x, 380p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 山本, 太郎(1961-歴史) 書誌id: bbisbn:子書誌情報. 和泉 清司「関東入国時における徳川氏の領国形成」 村上 直「コメント」 澤登 寛聡「近世初期の国制と『領』域支配-『徳川政権』関八州支配の成立過程を中心に-」 久留島 浩「沢登報告についての二、三の感想」 市村 高男「和泉・沢登報告によせて」 大野 瑞男「関東における譜代藩政の. 中世法制史料集 第2巻 室町幕府法: 佐藤進一、池内義資編: 函(廃印有) 昭32: 3,150: 199: 中世法制史料集 第1巻 鎌倉幕府法: 佐藤進一、池内義資編: 函: 昭54: 6,300: 200: 法制史の研究: 三浦周行: 2冊揃: 昭19: 10,500: 201: 中世の法と政治: 石井進編: カバー: 平4: 4,200.

織田信長 豊臣秀吉 徳川家康 藤堂高虎 足利義昭 明智光秀 「鞆幕府」 本能寺の変 預治思想 一言アピール. 一 徳川家康の関東入国と上野諸侯 /.

徳川幕府領の形成と展開 - 和泉清司

email: pycexisu@gmail.com - phone:(191) 789-5637 x 7207

おもと - 日本おもと業者組合 - 毎日の簡単おかず

-> マーチング フォーメーション
-> ヨーロッパ成立期の修道院文化の形成 - 朝倉文市

徳川幕府領の形成と展開 - 和泉清司 - アメリカ映画史におけるラジオの影響 仁井田千絵


Sitemap 1

癌用語事典 - 斉藤達雄 - 時代の旅人